妊娠中にバストトップ黒ずみ

妊娠を経験した女性ならわかると思いますが、妊娠中はバストトップがとても黒くなります。私も妊娠を経験してから真っ黒になったので、初めは正直びっくりしました。ではなぜ妊娠するとバストトップは黒くなるのでしょうか?妊娠によるバストトップの黒ずみは、二つの原因があります。一つ目はメラニン色素が増加すること。女性の体は、妊娠をすると女性ホルモンが増えます。この女性ホルモンがメラノサイトを刺激し、メラニンの量が増えてしまうのです。バストトップやデリケートゾーンは元々メラニン色素が多い部位でもあります。そして女性ホルモンが増えることでこれが刺激され、そのまま色素沈着してしまうわけです。このために少し黒ずんでいた部分が、真っ黒になってしまうのです。二つ目はメラニン色素が沈着すること。メラニン色素は肌を丈夫にする働きがあります。つまりメラニン色素が多い部分は、その肌が丈夫になるというわけです。産後は赤ちゃんへの授乳が始まりますので、体はそのためにバストトップを丈夫にしようと働き始めます。一日に何度も授乳するため、それに耐えるために乳首を強くするのです。このためにバストトップのメラニン色素が活発化し、黒ずんでしまうというわけです。以上が妊娠中にバストトップが黒ずむ理由です。